ちょこっとだより

ちょこっとだよりVOL.45

  • LINEで送る

★「ちょこっとだより」はカタログと一緒に組合員の皆さまにお届けしているおたよりです

【 久保田食品 ② 】

★一般的にアイスクリームに添加物を使用するのはなぜ?★

・原材料の品質を均一化するため

例)生のいちごを使用すると、入荷するいちごの状態(出来)によって毎回香りや風味が変わってしまったりする。そういった状況を避けるため、香料を使用することでいつでも同じ香りの安定した製品を大量に作ることができる。

例)安定剤(粘り気のあるのりのようなもの)を使用するのは、物流で溶けることを避けるため。不使用のものは食感がサラッとしておいしいが溶けやすい。

★アイスクリームの賞味期限★

・-18度で保存するのが基本なので、賞味期限はない。家庭の場合は、冷凍庫の開閉などにより-18度を保てない環境のためぜひ早めに食べて欲しい。

また、溶けても問題はないが、溶けた部分のアイスはそこに含まれている空気がなくなった状態になるので、その部分は再度凍らせると固くなる。

★おまけ・久保田さんのアイス小ばなし★

・アイスは「オーバーラン」と言って、空気を含ませながら作る。容量が大きいけど重さが軽く、スプーンがサクサク入るアイスは空気が一杯で原材料は少ない。(ソフトクリームは空気がよりたくさん)アイスは溶かせば原材料の容量がわかる。

→ハーゲンダッツ、久保田のアイスは容量は小さめで重く、スプーンがすぐに入らない

・久保田食品のアイスクリームは「四国のハーゲンダッツ」とも言われている!

「そうだったのか!」というお話がたくさん聞けた学習会でした。ちなみに、久保田食品の商品はアイスだけではありません。今の時期にほっこりおいしい自然派styleの肉まん・あんまんも作って下さっていますので、ぜひご利用下さい♪

ダウンロードはこちらから ※PDFファイルになります。

  • LINEで送る

コメントを残す

*